IELTSリスニング対策と勉強法まとめ(スコアアップのコツを全て紹介)

IELTSリスニング対策と勉強法まとめ

こんにちわ、英語ブロガーのもりぞー(@englishinform)です。

IELTS試験を受験する上で、リーディングセクションとリスニングセクションは日本人が点数が取りやすい分野です。

もりぞー

IELTSのリスニングで高いスコアが取れると気持ちがかなり楽になります!

今回はIELTSのリスニングの勉強方法を紹介します。勉強方法だけでなく、おすすめのリスニング教材や解法テクニックもお伝えできたらと思います。

リスニング力を上げておくことは、将来的に海外に行ったときのコミュニケーション能力に大きく影響しますので、IELTS対策だけではなく、先を見据えた勉強をしていきましょう。

独学でどうしてもIELTSのスコアが上がらない人は、シェーン英会話のIELTS対策で集中的に勉強するのもありです!(僕はそうしてスコアアップさせました)

IELTSリスニング問題形式(時間や問題数)

IELTS リスニング問題

IELTSのリスニングセクションの概要について知っておきましょう。

特徴としては、解答用紙に記入するための時間が10分間設けられていることと、問題の英文は全て一回しか聞くことができないことです。

時間 30分+10分(最後に記入時間10分)
問題数 40問
セクション数  4セクション

IELTSリスニングセクションの各セクションの内容の次のようになっています。

  • Section 1(ダイアログ・書き取り)
  • Section 2(モノローグ・選択)
  • Section 3(教育や勉強の場における2〜4人の会話について)
  • Section 4(大学の講義を聞いて設問に答える)

もりぞー

IELTSのリスニングでスコアアップを目指すには、セクション毎にどんな問題が出るか知ってるかがほんま大事!

IELTSのリスニングスコアについて

IELTSのリスニングセクションにおいてスコアの換算は以下の通りとなります。

自分が目指すBand Scoreのためには、何問正答する必要があるか知っておきましょう。

Band Score 5 16問
Band Score 6 23問
Band Score 7 30問
Band Score 8 35問

関連記事:IELTSスコアの仕組み| 留学に必要なスコアは?

IELTSリスニングの対策と解き方のコツ

IELTS リスニング対策と解き方のコツ

IELTSのリスニング対策とコツについて紹介していきます。

IELTSのリスニングスコアをあげたいのなら、戦略的に問題を解く練習をしていくことが必要です。

設問と回答は事前に読んで先読みする

リスニングの音声が始まる前に、30秒ぐらい設問を読む時間があります。

設問を事前に読んでおくことで、リスニングの内容がどんなものかをあらかじめ予想することが出来ます。

よくある失敗は、設問で求められていることを読んでないことです。

回答はすべて埋めるようにする

リスニングではどうしても重要な部分を聞き取れなかったということが発生します。

そんなときでも、解答欄は可能な限り全て埋めるようにしましょう。

なぜなら、解答しないと0点のままだからです。

ノートテイキング(メモ)を活用する

IELTSではリスニング問題を聞いてるとき、ノートを取ることが許可されてます。

全ての音声や内容を暗記することは不可能なので、解答に必要な要点だけメモを取るようにしましょう。

ノートは日本語でとっても問題ないんですが、英語で取るとミスが少なくなるのでおすすめです。

パラフレーズを理解する

パラフレーズとは言い換え表現のことで、IELTSのリスニング問題にも頻繁に使用されています。

問題文で聞こえてきた単語や内容が、違う単語や表現で解答の選択肢で出てきます。

このパラフレーズを理解しておくことで、正答率を上げることができます。

スペルミスに気をつける

IELTSのリスニングでは手書きで解答を書く必要があり、英単語のスペルを間違えると減点対象となります。スペルミスで減点は勿体無いので、普段からスペルには気をつけて単語を覚えましょう。

関連記事:IELTS対策と勉強方法まとめ [何から始めたら分からない人は必見]

IELTSのリスニング勉強方法

IETSのリスニングの勉強方法についてご紹介していきます。

IELTSのリスニングは基礎的なリスニング力と、アカデミック英語に慣れるためのリスニングの勉強が必要になってきます。

単語集を用いたリスニング勉強

IELTSのリスニングにおいても、どれだけ知っている単語があるかが点数に大きな影響を与えます。

IELTSの単語集を活用して、可能な限り自分が理解できる単語数を増やしておきましょう。

知っている単語数が増加するほど、リーディングの点数も良くなるでしょう。

IELTS単語帳おすすめ単語帳まとめで、IELTSに必要な語彙力を習得しましょう。

音読

音読がリスニングの勉強に効果的な理由は、

「自分が上手く読めない英語の文章は、聞いて理解できていない」

という理由からです。

関連記事:英語の音読の効果とやり方まとめ

シャドーイング

音読の勉強と同時にやっておきたいのが、シャドーイングです。

シャドーイングはリスニングをした音を実際に自分で発音するので、リスニングと音読の両方の練習を一気にすることが出来ます。

スマホを持っている方であれば、スマホに英語の音声をダウンロードしておいて、通勤中や通学中に毎日シャドーイングできる環境を作るのがオススメです。

僕は大学生の時は、電車の中で毎日シャドーイングしてました。(周りの人には変な人に見られる可能性は高いですが笑)

TEDなどの音声でシャドーイングを練習しておけば、そのトピックに関しての知識も身につくのでおすすめです。

詳しくは、シャドーイングの効果的なやり方とオススメ教材に書いてます。

ディクテーション

IELTSの受験前にやっておきたいのが、ディクテーションによるリスニング対策です。

ディクテーションとは、聞こえた音声を文字で書き起こすことなんですが、聞こえていない英語の音を知るには最高の勉強方法です。

ディクテーションで自分の苦手な音や知らない単語を発見することで、徐々に英語のリスニング能力が高くなっていきます。

ディクテーショのやり方を学んで、どんどん練習していってください。

イギリス英語を勉強する

IELTSの試験ではイギリス英語でリスニングの問題文が流れる場合が多くあります。

イギリス英語の単語やスペルを習得しておくと、IELTS試験に有利になるのは間違いないです。

関連記事:イギリス英語が学べる英会話スクールは?[数少ない選択肢はこれだ]

IELTSリスニングおすすめ参考書と問題集

IELTSリスニングにおすすめの参考書と問題集について紹介していきます。

IELTS 公式問題集

まずは公式問題集を購入してIELTSの試験形式に慣れることが大切です。

公式問題集は、リスニング以外のセクションの対策にも使用することができるので、最新版の公式問題集は必ず1冊持っておいたほうがいいでしょう。

Listening for Ielts

Listening for Ieltsは、Collinsから出版されている海外でも評判なIELTSのリスニング教材です。

オーストラリア訛りの英語なども収録されており、多彩なIELTSに出てきそうなトピックの問題で練習できるので、IELTS6.5以上のスコアを目指す人には役に立つリスニング教材です。

IELTSリスニングパーフェクト攻略

created by Rinker
¥2,860 (2019/11/19 16:15:06時点 Amazon調べ-詳細)

IELTSリスニングパーフェクト攻略は日本語で書かれたIELTSリスニング対策本としては有名です。演習問題が12セットあるので、IELTSのリスニングの練習にも十分な量です。

Get Ready for Ielts Listening

created by Rinker
¥2,025 (2019/11/20 02:34:27時点 Amazon調べ-詳細)

Get Ready for Ielts Listening はネイティブ、ノンネイティブスピーカーどちらの音声も入ってます。

IELTSのリスニング学習においては、様々な発音の違いを理解することが必要なので、その練習ができるのがいいです。

IELTS全体的な勉強のおすすめ教材はこちらをご参考に。

IELTSのリスニング学習におすすめのアプリ

IELTSのリスニング学習ができるアプリも現在は増えてきています。

IELTS Prep

IELTS prep

IELTS Prepはブリティッシュカウンシルが運営しているIELTSに特化したアプリです。無料で利用できるので、海外でも多くの人に利用されています。

まだIELTSのアプリをダウンロードしたことがない方は、ぜひこのアプリを一番最初にダウンロードすることをおすすめします。

IELTS Listening

IELTS Listening

IELTS Listeningは無料でIELTSのリスニングやリーディングなどが学べるアプリです。

リスニングについては、3つのレベルに分かれていて、それぞれ34個のレッスンがあります。IELTSを初めて受験する人には無料で練習できるアプリなので、ぜひ一度試してください。

関連記事:IELTSリスニングアプリまとめ

IELTSのリスニングが伸びない原因は?

上記で紹介してきたIELTSのリスニング対策や勉強方法を実践しても、スコアが伸びない場合があります。

そのような場合、何が原因となるのでしょうか?

大文字、小文字のスペルミス

IELTS試験では、固有名詞の最初の文字は大文字で書かないと不正解となります。

全ての文字を大文字で書くのも認められています。

集中力が持たない

IELTSのリスニング問題は1度しか音声が流れません。そのため、長文の英語を聞くための集中力が必要となります。

IELTSリスニング対策講座があるスクール

IELTS試験は独学ではスコアアップが難しい試験です。IELTS対策講座があるスクールがあるので、ぜひ一度無料体験レッスンで試してみましょう。

まとめ

「IETLSのリスニングのレベルが高すぎてついていけない・・・」という方には、英語初心者にオススメなリスニングアプリと教材まとめで基礎力をまずつけてください。

そのあとは、大学受験英語のリスニング対策にオススメの参考書で、大学生レベルの英語のリスニング力をつけるのがいいでしょう。

IELTSのリスニングセクション以外の対策は、下記の記事でまとめてあるので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です