MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

TOEICの単語帳は「金のフレーズ」が一番おすすめ!その理由とは?

2021 3/13
TOEICの単語帳は「金のフレーズ」が一番おすすめ!その理由とは?

こんにちわ!英語とキャリア情報を発信しているもりぞー(@englishinform)です。

TOEICの単語帳で迷っている方は、とりあえず騙されたと思って「金のフレーズ」という単語帳を買ってみましょう。

もりぞーのアイコン画像もりぞー

この記事では僕がTOEICの単語帳の中でも一番おすすめする、
「金のフレーズ」の効果的な活用方法を紹介します。

一番やってはいけないのは、何冊も単語帳を買って満足してしまうことです。単語帳は多くても2冊あれば十分です。

そんな大量にあるTOEICの単語帳ですが、僕が本当に役に立った単語帳が「金のフレーズ」と呼ばれる本です。

 

プロフィール写真もりぞー
神戸市外国語大学の英語学科卒業。英検1級、TOEIC970点、TOEFL iBT107点取得。
Twitterアカウントはフォロワー数15,000人で「英語とキャリア論」について発信。
もりぞーのTwitterアカウント
英語学習方法や英語を使ったキャリア構築についての無料相談はLINE宛に。
もりぞーのLINEアカウント

目次

なぜ「金のフレーズ」をおすすめするのか?

もりぞーのアイコン画像もりぞー

僕がなぜTOEICの単語帳には金のフレーズを勧めているのか、その理由を詳細に説明していきます。

TOEIC頻出単語が載っている

金のフレーズを自分のTOEICの単語帳にした方がいい理由は、TOEICの頻出単語がめちゃくちゃ載っているからです。

著者のTEX加藤さんは、自分でTOEIC試験を何度も何度も受験してTOEICを研究されているので、その経験から導き出された単語がこの本には凝縮されてるんです。

TOEIC初心者にも使いやすい

TOEICの初心者にも使いやすいレベルになっているのが、金のフレーズの良い点です。

本に載っている単語レベルは下記のように区別されていますが、600点レベルの単語はTOEIC受験者なら知っておく必要があるレベルなので、初心者の人も安心して下さい。

600点レベル 助走の400語
730点レベル 加速の300語
860点レベル 飛躍の200語
990点レベル 頂点の100語

金のフレーズを使ったおすすめの勉強法

単語を覚える

当たり前なんですが、金のフレーズはTOEICの単語帳なので、まずは単語を覚えていきましょう。自分の目標スコアがあると思いますが、それより少しレベルの高い単語まで勉強しておくのがコツです。

少し難しい単語を勉強しておくと、リスニングやリーディングで文章の意味が分からない時に、単語が1つ分かるだけで、文章の内容を推測できる確率が高くなります。

そうすることで、TOEICのスコアアップに少しづつ繋がっていきます。

音声をフル活用する

単語帳を見ているだけだと、単語を覚えるには効率が悪いです。音声ファイルが無料で配布されているので、その音声を聞いて単語を発音するなどの行動をしましょう。

例文を読んだり、書き写したりすることで、記憶への定着率が高まります。

アプリを活用する

金のフレーズには、iTuneやAndroidでダウンロードできるアプリがあります。アプリは600円の有料となりますが、通勤や通学中に学習したい方には毎日勉強できる環境を作れるのでおすすめです。

著者は?

金のフレーズの著者はTEX加藤さんという方です。初めて聞いた人は、「なんか怪しい名前だな・・・」と思う方も多いでしょう。

でも、TEX加藤さんは神田外語学院でTOEIC講師をされている超有名なTOEIC講師なんです。それも僕の大学(神戸市外国語大学)の先輩やったと先日気づきました笑

銀のフレーズもおすすめ


金のフレーズの姉妹本の銀のフレーズもオススメ本です。銀のフレーズは、金のフレーズよりも単語が少し簡単に設計されています。

それゆえ、英語が苦手でTOEICも受験したことがない人には持っておいて良い単語帳です。

金のフレーズのまとめ

もりぞーのアイコン画像もりぞー

この記事ではTOEICのおすすめ単語帳「金のフレーズ」について紹介しました。正直言うと、金のフレーズ一冊で単語帳は他にいらないかもしれません笑

TOEICの単語帳や参考書のおすすめが知りたい方は、下記の記事も参考になると思います!

TOEICのリスニング対策と勉強方法でまとめてますので、ぜひ参考にしてみてください。

TOEICリーディング対策と勉強方法

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる