MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

英語スピーキングの勉強方法

2019 8/15
英語スピーキングの勉強方法

「英語力が大切なことは分かるけれど、どのようにして英語のスピーキングについて勉強すればいいか分からない」

このような悩みを持つ方は少なくありません。

そこで今回は英会話の指導を長く続ける筆者が、「英語スピーキングの効果的な勉強方法」について詳しく解説をしていきます。

目次

なぜ英語のスピーキングは上達しないのか

まず最初に「なぜ英語のスピーキングは上達しないのか」の理由について解説します。

その理由は「英語を話す環境が周囲にないから」に限ります。

どのような言語でも学び始める際には英単語を覚えたり、英文法を覚えたりということから始まりますが、それらもある程度のレベルにまで来たらあとはどんどん会話をしていくことが大切なのです。

実際に話すことで、会話上でよく使う英語や英文法、構文とあまり使わない英単語・文法などの見極めをすることができ、英語のスピーキングを上達させる上で遠回りをしなくてよくなります。

またスピーキングにおいて最も大切なのは慣れることです。当たり前のことのように思うかもしれませんが、何事も繰り返し練習を重ねることでものになっていくものです。

特にスピーキングは相手がいることなので、特に機転を効かすことや柔軟に対応していくことが求められます。決まったことを決まったようにするだけでは成り立たないのが英語のスピーキングです。

どんどん生活の中で英語のスピーキングをアウトプットする環境を構築して、英語のスピーキングスキルを向上させていきましょう。

それでは以下に、英語のスピーキングの効果的な勉強法をご紹介していきます。

英語スピーキングの勉強方法1:シャドーイングを行う

最初に紹介する英語スピーキングの勉強方法は「シャドーイング」と呼ばれるトレーニング方法です。

この「シャドーイング」とは、英語リスニング教材を聴きながらその発音などを真似して発声するトレーニングです。

このシャドーイングは「聞こえてくる英語リスニングの音声をそのまま喋る」というだけなので難しいことは一切ありません。

しかしその音声の中で分からない英単語を調べて、実際に使用する場面を学んだり、リスニング教材に録音されているネイティブイングリッシュスピーカー特有の発音の仕方などを学ぶことで英語スピーキングのスキルを向上させることができます。

またこの「リスニング教材」は何もテキストじゃなくても構わないのです。海外ドラマや海外映画などを英語音声で聴きながらシャドーイングをするというだけでも英語スピーキングの練習となります。

またこちらでは特別に「シャドーイング」をより一層、効果的にする方法についてもご紹介しましょう。

上記ではただ聞こえてくる英語音声を真似するということだけを書きましたが、より一層英語スピーキングのスキルを鍛えるためには「シャドーイングで真似した音声について自分なりにまとめて英語で喋ってみる」というトレーニングが非常に効果的です。

このようなトレーニングを行うことによって、「ただ真似をする」というスピーキングトレーニングが、「聞こえてきたリスニング音声の中にあった英単語や構文などを使ってまとめる」という本格的な英語スピーキングの勉強をすることができるのです。

英語スピーキングの勉強方法2:英文・英単語の発音練習を行う

次に紹介する英語スピーキングの勉強方法は、覚えた英文や英単語について繰り返し発音を繰り返す練習をするという勉強方法です。

シャドーイングと違うのは、テキストで効率的に英単語や英文を覚えて、それを実際に声に出したり頭の中で再生するというところにあります。

ただただ英単語や英文を筆記勉強などで暗記しただけでは実際の英語スピーキングを要する場面で使用することはできません。

英語を勉強する上で英単語の詰め込みはとても大切なのですが、それは脳という棚に詰め込んでいっている作業。その詰め込んだ英単語などを棚からうまく引き出すトレーニングがこちらになります。

ポイントとしては英単語をそのまま単独で覚えるのではなく以下のようなステップで覚えるようにしましょう。

  1. 英単語と日本語での意味を対応させて覚える
  2. 頭の中でその英単語を使った英文を作ってみる
  3. 実際に作った英文を声に出し、繰り返し発音する

上記の3段階に分けて英単語を覚えていくことで、英語のボキャブラリーが増えていくだけでなく、頭の中でその英単語の使い方が整理され、そして実際に英語スピーキングを要する場面でどのように英文として使用することができるかを理解することができます。

英単語だけを頭の中に詰め込んでいたとしても、英語スピーキングの際にその英単語をどのように使えばいいのかが分からなければわかっていなければ使用することができません。それは非常にもったいないと言えます。

英語スピーキングの勉強方法3:英会話スクールを利用する

次に紹介するのは英語スピーキングの勉強方法は、英会話スクールを利用するということです。

昔ながらの英語スピーキングの練習方法ですが、やはりかなり効果的であるということが断言できます。

会話をする上で独学で始めるというのはとても難しいですし、何よりも英語で会話をする相手を見つけるということは一筋縄ではいかないことです。それならば思い切って英会話スクールに通うことで、英語スピーキングのプロフェッショナルである講師たちのレッスンを受けることができます。

英会話スクールに通うことで得られるメリットは英語スピーキングの上達以外にも、発音矯正ができたり、楽しく英語スピーキングの勉強が継続できたりといった点にもあります。

英語スピーキングで大切なのは、楽しく、上達しているという実感を持ちながら継続させるということです。もちろん一人でもやるべき英語スピーキングの勉強方法はあるのですが、それだけでは長く続かないですし、効果を実感することもできません。

それならば講師相手でもしっかりと英語スピーキングができる英会話スクールに通うということはとても効果的な勉強方法です。

英語スピーキングの勉強方法4:オンライン英会話サービスを利用する

英会話スクールにいく時間がない方におすすめの英語スピーキングの勉強方法は、オンライン英会話サービスでレッスンを自宅で受けるということです。

このオンライン英会話サービスを利用することでいつでもどこでも、そしてかなり安価に英語を話す環境を作ることができるのです。

英会話スクールの欄でも申し上げた通り、英語スピーキングを最速で上達させるには英語をアウトプットする場面を作るということが一番なのです。

そしてこのオンライン英会話サービスのいいところは、英会話スクールと比べて「至れり尽くせりではない」という点です。

講師の多くが外国人のために、こちらがわからないことに対して、英会話スクールほどのサポートをしてくれることはありません。もちろん日本語でのサポートをしてくれるわけでもありません。

そのためなんとか自分の持つ英語スピーキングスキルで自分の考えを表現しようという、英語スピーキングの上で最も大切な姿勢を身に付けることができるのです。

またオンライン英会話サービスでは、「日常英会話」「ビジネス英会話」「トラベル英会話」「英字ニュース」など受講生のニーズに合わせたテキストを選べることが多いので楽しみながら、英語スピーキングを学ぶ目的に合わせて勉強をすることができるのも魅力です。

まとめ

英語スピーキングは上記で紹介したように独学とスクールやオンラインサービスなどを掛け合わせて勉強することで効果的にスキルを向上させることができます。

また本当に短期間で英語スピーキングスキルを伸ばしたいという方には、英語留学などもおすすめです。近年ではフィリピン・セブ島などでの留学がかなり安価となっているため時間の確保ができればこれもまた英語スピーキングの勉強方法としては現実的な手段だと言えます。

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる