スポンサードリンク




TOEIC Part4の対策と勉強方法

TOEICのリスニングを苦手とする人は案外多いものです。

とりわけPart4は他のリスニングセクションに比べて長文です。

途中で聴きとれなくて適当に解答を選んでしまったという、苦い経験をされた方もきっといらっしゃるのでは。

しかしリスニングした文章を実際に読んでみれば分かりますが、実は思っているほど長文ではなく、内容も特別むずかしいものではありません。

TOEIC Part4に必要とされる勉強方法と試験のテクニックをしっかりと身につけて、Part4を得点源にしていきましょう。

TOEIC Part4の問題について

 内容

TOEIC Part3は2~3人の会話形式でしたが、Part4の話者はひとりです。話者が変わらないため会話のテンポがわかりづらく、より集中力が必要とされます。

トークの内容は下記のようなビジネスに関するものがメインなので、Part3に比べて使われる単語もよりフォーマルなのが特徴。

【出題される主なトピックス】

  • 会議・授賞式などのビジネスミーティング
  • イベントや旅行などの変更・お知らせ
  • 広告・宣伝
  • ラジオのナレーション・告知
  • 留守番電話メッセージ

シュチュエーションによっては、周りの騒音などで、必ずしも聴きやすいアナウンスとは限りません。

すべての言葉の意味を完璧にするのではなく、全体をざっくり捉える聴き方が求められます。

問題数

長文アナウンス問題が全部で30問。

ひとつのトークに対して問題が3つあり、4つの選択肢の中から答えを選ぶパターンは、Part3とまったく同じです。

また新形式になってから、「意図問題」と「図表問題」が加わっています。特に図表問題は、普段から図表に目を通しつつリスニングをする訓練をしていないと苦戦するでしょう。

図表問題は毎回おおよそ3問出題(必ず3問とは限りませんが)。

割合としては多くはありませんが、実は図表という目から入る情報がある分、慣れれば簡単に解答できる場合が多いです。取りこぼしがないようにしましょう。

時間

時間配分をしっかり決めるリーディングと違い、リスニングは進行どおりに解答していくだけですから、時間配分を考える必要はありません。

しかし、後から説明する「先読み」をするためには、下記の流れを知っておく必要があります。

まずPart4の開始前に約30秒間、Direction(説明)のナレーションが流れます。

以後は、下記のサイクルを1セットとして、30問を繰り返します。
本文読み上げ
設問読み上げ:約10秒×3問 計30秒

このサイクルをしっかりと頭に入れておいてください。

TOEIC Part4の対策

実はTOEICではリスニング・リーディング問わず、まずやるべきことは「基礎知識の積み上げ」です。

単語や文法はリスニングには関係ないと思いがちですが、決してそうではありません。知らない単語をいくら聴いても、聴き取れるわけがないのですから。

ただ、基礎力について解説すると話が逸れてしまうので、ここでは「試験対策」に絞って解説していきます。

何がなくてもまずは「発音」から

スピーキングがないL&Rテストの場合、どうしても発音学習は軽視されがちです。

しかし最初に発音をマスターするかどうかで、上達のスピードがガラリと変わってきます。まずは発音の参考書できちんと発音記号を学んでいきましょう。

単語単体の基本的な発音ルール
多くの英語学習者がよくやりがちなのが、英語をカタカナに置き換えて読むこと。しかし、英語には日本語にはない読み方がたくさんあります。

例えば、カタカタで「シー」と表現しても、これが [sea(海)] と「she(彼女)」のどちらを指すのか区別できません。でも英語では「sea」/siː/ と「she」 /ʃi;/ は、まったく違う発音なのです。

リスニング力をアップさせたいのでれば、なるべく早いうちにカタカナ発音から脱出することを強くおすすめします。

文章になった時に発生する音の変化:「リンキング」「リダクション」
単語の読み方が理解できたところで、次は「音の変化」について見ていきましょう。

一つひとつの単語はわかるのに、文章になるとまったく聴き取れないという人はいませんか?

これは「リンキング」や「リダクション」に代表される、音の変化のルールを知らないことが大きな原因です。

リンキング
リンキングとは「単語と単語の組み合わせによって、前の単語の最後と次の単語の最初の音が繋がって違う読み方に変化すること」をいいます。
「get out」:ゲット アウト → ゲッタウト
「want you」:ウォント ユー → ウォンチュー

リダクション
リダクションは、本来読まれるはずの文字を読まない、いわゆる「消失」が起こるパターンのことです。
「good time」グッド タイム → グッ タイム
「right now」:ライト ナウ → ライ ナウ

リンキングとリダクションについて簡単に説明しましたが、実は「フラッピング」など、覚えるべき変化ルールはまだまだたくさんあります。

下記の参考書などで、発音についてしっかりと学んでおきましょう。

【1日10分!だれにでもできるディクテーション入門書】
宮野智靖著
ISBN:9784863923430

Part4の最重要テクニック「先読み」

Part3・4共通のテクニックに「先読み」があります。本来は先読みに頼らずに解答できるのがベストですが、最初に何について質問しているかを把握した方が、本文の内容を理解しやすいのは間違いありません。先読みは必ずおこなうようにしましょう。

先読みのやり方はシンプルです。1番最初にアナウンスされる30秒間のDirection(説明)の間に、最初の設問と選択肢を読みます。次の設問の読み上げをしている時には、今度は次の設問3問を先読みするわけです。

以降、このサイクルを繰り返すだけ。

慣れないうちは、あえて選択肢を読まないというのもいい判断だと思います。欲張って混乱するよりも、設問だけをしっかりと頭に入れる方がいい結果を生むでしょう。決して無理をしないことです。

TOEIC Part4の勉強法

先ほどは試験対策について説明しましたが、今度は勉強法です。どうやってリスニング力を上げていけばいいか、悩んでいる人も多いと思います。

しかし、リスニングの勉強法は、非常にシンプルです。おそらくどの学習者も基本的には同じ方法で勉強しているはずです。ここでしっかりと覚えていきましょう。

3-1. おすすめ勉強法「オーバーラッピング」と「シャドーイング」

どちらも英語学習者の間では非常に有名な勉強法です。共通するのが「声に出して読む」ということですが、難易度がかなり違います。まずはオーバーラッピングから始めてください。

オーバーラッピングとは、英文スクリプト(原稿)を見ながら音声を聴いて、同時に自分も英文を読み上げる勉強法です。

スピーカーになりきって、発音・アクセント・イントネーションすべてを真似することで、英語が音声として頭に蓄積されていきます。さらに実際に口に出すことでスピーキングの力もつく、まさに一石二鳥の勉強法なのです。

ちなみに英文スクリプトをただ読んでも、思ったような効果は得られないでしょう。必ず事前に精読(わからない単語や文法、発音などを徹底的に調べて内容を完全に理解する読み方)しておいてくださいね。

「シャドーイング」は、英文スクリプトを見ません。流れる音声を聴いたそばから、まるで影(シャドー)のように真似していきます。

当たり前ですが、視覚に頼れない分、難易度は格段にアップします。一概には言えませんが、目安として800点を超えるぐらいまではやめておいた方がいいでしょう。

【オーバーラッピングとシャドーイングのポイント】
英文スクリプトは、必ず事前に精読をしておくこと
発音・イントネーションなど、自己流ではなくスピーカーの真似をすること
慣れないうちは、シャドーイングのスピードを遅くすること

上記のポイントをしっかり頭に入れて、何度も繰り返しトライしてみてくださいね。

レベル別リスニング上達法

これまで大まかなリスニングの勉強法を解説してきました。ですが実は1番大事なのは「その時点のレベルに合った勉強をすること」です。

どんなにシャドーイングが効果的でも、初学者にはむずかしすぎて、英語学習が嫌になってしまう原因にもなりかねません。

ここでは最後に、レベル別にどのようにリスニング学習をしていけば効果的なのかを説明していきます。

【ケ—ス1:初学者〜400点】
まったくの初学者。be動詞ってなに? 副詞??? というレベルの人は、リスニングの前に、まずは中学校レベルの単語と文法を復習することからはじめてみては。

これは400点の人も基本的には同じです。まだまだ基礎的な知識が不足しています。「知らないことは聴いてもわからない」と、いうことを肝に命じておきましょう。

【ケース2:400〜700点】
400点と700点では、英語の理解度と慣れがまったく違います。しかし400点くらいのスコアがあれば、最低限中学レベルの単語と英文法は抑えているはずです。

このいわゆる中級者ぐらいの時期が、1番リスニング勉強の効果が表れます。精読→オーバーラッピングを繰り返すことで、劇的に点数がアップする可能性があります。公式問題集などを中心に、とにかくリスニング量を増やしてください。

【ケース3:700点〜】
この点数帯の人もやることは同じです。ただし、800点を超えるようになったら、TOEIC用のリスニング教材だけではなく、ニュースやドラマなどの生の英語を取り入れていくべきです。

TOEIC用の教材のスピードを1.2〜1.5倍にするのも効果的といわれています。

高負荷トレーニングを続ければ、きっとTOEIC用教材が遅く感じるようになっていきますよ。

まとめ

リスニングの点数を上げるのは、実はそんなにむずかしくありません。リスニングは100%慣れです。何度も繰り返しトレーニングをすれば、必ず高得点を獲得できます。

ただし、この順番はしっかりと守ってください。

発音をマスター
精読
オーバーラッピングとシャドーイングを繰り返しおこなう

やるべきことはこれだけです。あとは教材選びさえ間違えなければ、あなたはいつの間にか、リスニングが得意になっているはずです。

TOEIC

Posted by もりぞー