MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

[短期集中] スコアを劇的にあげるTOEICスクールまとめ

2019 5/02
[短期集中] スコアを劇的にあげるTOEICスクールまとめ

TOEICを短期集中でスコアを上げるには、短期集中型の英会話スクールに通うのが一番効率がいいです。

短期集中型の英会話スクールでは、3ヶ月以内にTOEICスコアを一気に上げる必要がある方に特にオススメです。

独学で3ヶ月以内にスコアを劇的に上げることは、今の課題が何かを自分で把握してないと無理です。それが出来ない方は、お金を払ってでも短期集中型の英会話スクールに通った方が効率がいいです。

目次

短期集中でTOEICスコアを上げれるオススメの英会話スクール

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン


スタディサプリEnglish コーチングプラン

スタディサプリEnglish コーチングプランは、オンラインで自分だけのコーチングを受けれて TOEIC対策を行うことができます。

携帯にアプリを入れることで、通学中・通勤中の電車の中や、お昼休みの10分間にいつでもすぐにTOEICの勉強をできることがメリットです。

独学で勉強を始めると、自分がなぜ目標とするTOEICスコアが取得できてないかの原因がわかりません。

そんな時に、自分専属のコーチが伴走してくれて、課題と解決方法を教えてくれます。

今なら7日間の無料体験ができるので、一度試してみることをオススメします。

公式サイト:スタディサプリEnglish コーチングプラン

PROGRIT

PROGRIT

PROGRITは英会話スクールではなく、英語コンサルティングサービスを提供している会社です。

PROGRITのイメージとしては、ダイエットで有名な「ライザップ」を考えてもらったら早いです。

専属のパーソナルコーチがついて、自分だけの英語学習プログラムを作成してくれ、「海外の大学院に合格したい!」や「海外駐在員になりたい!」という目標に対して、一緒に伴走してくれます。

正直英会話スクールとして考えると金額高額になりますが、社会人で短期的に結果を出したい人にとっては、英語の投資先としては良いと思います。

今なら無料体験も行っているので、ぜひ気になった方は無料体験でコンサルティングを経験するのがいいですよ。

公式サイト:PROGRIT

(無料体験でも英語の苦手な部分をコンサルタントが説明してくれますのでオススメ)

PROGRITの評判が気になる方は、英語学習コンサルティング「PROGRIT」の評判と口コミまとめも参考にしてみてください。

GABA マンツーマン英会話

【GABA】マンツーマン英会話

【Gaba】マンツーマン英会話では、マンツーマンレッスンという特徴を活かして、自分だけのTOEIC学習プランを組むことができます。

GABAは大手だけあって、教材やアプリの独自カリキュラムが充実しています。

公式サイト:【Gaba】マンツーマン英会話

EF ENGLISH LIVE



24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブは、24時間オンラインでいつでもTOEIC学習をすることができます。最初にレベルチェックをやってくれるので、自分の現状のレベルを客観的に判断してくれます。

今なら1週間無料で体験できるので、ぜひ試してみましょう。

公式サイト:24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブ

TOEICスコアを短期集中で上げる勉強方法

公式問題集を解く

TOEIC受験経験が少なく、TOEICスコア600点以下の人に特におすすめな勉強方法です。

スコアが600点以下の人は、TOEICのリーディング問題を全て解答できてないはずです。そんな方はTOEICの形式を理解できておらず、スコアが取得できてないケースが多いです。

関連記事:TOEIC公式問題集の使い方

問題集を集中的に解く

短期的にスコアを上げたいなら、TOEICの問題集を何冊か集中的に解くのが効果あります。

単語や文法を覚えるのは、長期的にスコアを伸ばしていく戦略なので、短期的に伸ばしたい方は不用です。

TOEICスコアを短期集中で上げたい理由とは?

就職の履歴書用に必要

大学生がTOEICを受験する理由の多くは、就職に役立てたいから!という方が多いのではないでしょうか?

僕も就職する時にはTOEICを受験して、履歴書に書けるようにしておきました。その時970点が最高スコアだったので、そのスコアを履歴書に書きました。

履歴書にTOEIC900点で書いてあると、面接ではかなり食いつきがよかったです。TOEICは就職に役立つのか気になる方は、TOEICは就職に本当に有利になるのか? という記事を参考にして下さい。

関連記事:履歴書にTOEICスコアは何点から書くと有利なのか?

海外駐在をしたい

僕は元々、海外駐在に行きたかったのでTOEICを受験しました。多くの日系企業では、TOEICのスコアが海外駐在試験の一つとなっています。

僕の会社では駐在試験はTOEIC650点を取得しないと受験できなかったので、先輩や同期は650点を目指して勉強していました。

僕はすでにTOEIC970点を取得していたので、あとは面接だけで駐在試験は終わりました。

まとめ

TOEICスコアをどうしても短期間で上げる必要がある方はいると思います。そんな方はぜひ今回紹介した短期集中型の英会話スクールでTOEICの勉強を開始して下さい。

TOEIC学習に少し時間がある方は、下記の記事で紹介している方法でTOEICの勉強をやっていきましょう。

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる