MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

ElSA SPEAKの評判は?実際に利用したレビューと効果が出る使い方を紹介します。

2021 6/06

こんにちわ!英語とキャリア情報を発信しているもりぞー(@englishinform)です。

ELASA SPEAKってアプリ英語の発音にいいらしいって聞いたけど本当?

という声をよく聞くので、

もりぞーのアイコン画像もりぞー

この記事では英語の発音学習アプリ
ELSA SPEAK」のレビューと効果的な使い方を
紹介していきます。

結論を言うと、ELSA SPEAKはコスパがめっちゃ高いアプリなので、迷っている人はこの記事全て読んでやり方学んだら、すぐにダウンロードして使って欲しいです!

使い始めると、「あれ、自分の英語の発音ってこんなに良かった?」と確実に感じるようになります。

目次

ElsaSpeakとは?

AIが英語の発音を判別して、英語の発音矯正ができるアプリです。

スマホに向かって英語を発声することで、AIが自分の発音の改善点を教えてくれます。

Elsa Speakの料金

Elsa speakの料金は下記のような料金体系になってます。

3ヶ月840円
6ヶ月1,700円
1年2,700円
ライフタイム7,000円

ELSA SPEAKは割引キャンペーンに申し込むのがお得

ELSA SPEAKは頻繁に「割引キャンペーン」を開催しているので、年間のProプランの料金が、60%~80%OFFで使用できるケースもあります。

今すぐ勉強したい方はすぐに課金してもいいと思うのですが、学習時間に余裕がある方は、キャンペーン期間を狙って課金するのも戦略としてはアリと思います。

ELSA SPEAKの効果は?口コミや評判から分析

ELSA SPEAKを使った事がない方にとって気になることの一つが、その効果ですよね。

僕一人が「効果あったよ!」といっても説得力がないので、ここでは他の方の意見も参考にELSA SPEAKの効果について分析していきましょう。

もともと発音矯正に取り組んでいた為自分の弱点に気付いてはおりましたが、指摘も的確。

アドバイスを確認しつつ、参考音源と自分の発音を聴き比べながら練習できるとても良い学習法です。

日本語訳も記載してほしい、という意見もありますが、私は必要ないと思います。

頭の中で翻訳しないようにむしろ気をつけている為です。

それに意味が知りたい場合は単語と綴りと文を覚え、自分で調べた方が勉強になるとも思えます。

有料で継続する価値のあるアプリです。

発音をとにかく徹底的に勉強したかったので、色んなアプリや英会話教室、オンライン英会話 などを試したが、ELSAが一ダントツで一番でした。毎日使っています

グローバル企業に転職し、ZoomやTeamsなどのテレカンで、正しい発音で喋れないと相手にされない。アメリカ人の同僚から、発音が良いと言われ自信になった

Elsa Speakのメリット

Elsa Speakのメリットについて僕が感じたことを書いていきますね。

自宅で発音練習ができる

Elsa Speakの最大のメリットは、自宅でいつでも発音練習ができることです。

今までは英会話スクールの講師に発音チェックをしてもらわないといけなかったのが、AIが発音を判断してくれます。

プッシュ通知で連絡がくる

Elsa Speakのアプリでプッシュ通知を設定しておくと、毎日レッスンの連絡をしてくれます。

英語の継続をできる仕組みを作るのが英語学習の効果をあげるには大事なので、プッシュ通知はめっちゃ助かってます。

様々なトピックに関して練習ができる

ハロウィーンなどの季節性のあるトピックや、音楽のような一般的なトピックまで様々なトピックを用いて勉強できます。

学種の進捗状況を見える化できる

アプリ内には学習の進捗状況を管理できる機能があります。

毎日のタスクの達成度が視覚的に分かるので、勉強を継続するモチベーションになります。

Elsa Speakのデメリット

Elsa Speakのデメリットについて感じたことを書いていきますね。

アメリカ英語の発音しか練習できない

Elsa Speakの発音はアメリカ英語の発音が基準となるため、イギリス英語などの発音を学びたい人にはおすすめできません。

AIの制度はそれほど高くない

MouthとMouseのような単語の発音の違いを練習する場面があるんやけど、明らかに”se”の発音をしても”th”の発音として判断される時があった。

AIを頼って発音練習するだけではなく、録音した音声を自分で聞いて練習するのがいいと思いました。

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる