IELTSスピーキング Part3の対策と勉強方法

IELTSスピーキング Part3の対策と勉強方法について紹介していきます。

何に気をつけて試験を受けたらいいかを知っているだけで、スピーキングのBand Scoreは大きく変わってきます。

IELTSスピーキング Part3とは?

IELTSスピーキング Part3は、Part2のトピックに対して試験管とディスカッションをします。

IELTS スピーキング Part3の時間

IELTSスピーキング Part3の時間は4-5分です。

質疑応答全て含めての時間となりますが、自分が回答する時間の方が多くなるのは覚えておきましょう。

IELTSスピーキング part3の対策

IELTSスピーキング Part3の対策方法について紹介していきます。

分からない質問は聞き返す

Part2のスピーチとは違って、Part3では問題の意図が分からなければ試験管に聞き直しましょう。

分からなくて沈黙したり、全く返答になってない答えをするのはダメです。

返答の型を利用する

Part3では、下記のような構成で返答するといいでしょう。

特に主張をサポートする論拠は経験談や、何かの例を利用するといいです。

  • 結論
  • 結論を導いた論拠1
  • 結論を導いた論拠2

IELTSスピーキング Part3の勉強方法

IELTSスピーキング Part3の勉強方法について紹介していきます。

社会問題に対して意見を持っておく

Part3では誰でも返答できる一般的なトピックに対してのディスカッションとなります。

それゆえ、日頃から新聞やテレビでニュースを見るときに、自分はどう思うか?意見を持っておくことが大切です。

ネイティブと練習する

特定のトピックを決めて、ネイティブスピーカーと練習するのが1番効果的です。

可能であれば、IELTS講座があるスクールのネイティブ講師と練習すると、IELTSの評価基準に基づいたフィードバックをもらえます

IELTSスピーキング Part3の頻出トピック

IELTSスピーキング Part3ではPart2のトピックが深掘りされるので、基本的にPart2のトピックについて知っておくといいです。

  • 教育
  • 食べ物
  • 健康
  • 芸術
  • ニュース
  • 自然環境

このように一般的なトピックで意見が人によって別れるトピックなのが特徴です。

IELTSスピーキング Part3に役立つ参考書と問題集

IELTS Speaking Part 3 Strategies

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/author/ref=dbs_P_W_auth?_encoding=UTF8&author=RACHEL%20%20MITCHELL&searchAlias=digital-text&asin=B0779PZB6M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です