[無料] 英語学習やキャリアについてLINEで相談する

TOEICのメリット・デメリット

TOEIC受験を考えている人の中には、TOEICのメリット・デメリットについて気になっている方もいるでしょう。

僕はTOEIC970点を取得出来てからは、TOEICスコアを取得しておいた方がメリットが大きいと実感することがたくさんありました。

今回はTOEICのメリット・デメリットについて、僕の経験からご紹介したいと思います。

特にTOEICのメリットを知って、今から勉強を開始していきましょう。

今まで何十冊もTOEICの参考書を買ってきましたが、社会人になって今もTOEICの勉強をするモチベーションが続いてるのが、スタディサプリENGLISH TOEIC®対策です。通勤中の電車でも、2分間あれば勉強できるので、毎日勉強できてます。

公式サイト:スタディサプリENGLISH TOEIC®対策今なら7日間無料で試せる)

TOEICのメリットは?

就職の履歴書に書ける

大学生がTOEICを受験する目的で多いのが、就職に役立つからが多いですね。

特に、就職活動ではまず履歴書で判断されます。

履歴書では、海外留学の経験や、TOEICの資格などで企業は応募者を判断するしかありません。

多くの企業では、TOEICの希望スコアを設定しているところもあるので、高いスコアを取得してた方が良いに決まってます。

「じゃあ履歴書に書くにはTOEICスコアって何点いるの?」と思った方は、下記の記事で詳細書いてます。

履歴書にTOEICスコアは何点から書くと有利なのか?

また、就職時にTOEICスコアを持っていてよかった経験は、下記の記事に書いてあります。

TOEICは就職に本当に有利になるのか?TOEIC970点で新卒面接を行った僕の体験談を紹介

転職時の履歴書に書ける

転職時も同様に、履歴書に書けることがメリットです。

ただ注意したいのは、転職ではすぐに実務をできる人間が求められてます。そのため、TOEICスコアはあくまで英語を勉強してきた参考値として扱われます。

実際に転職した時に感じたメリットを下記の記事で紹介してますので、気になる方は読んでみて下さい。

TOEICは転職に役立つのか?実際に転職した僕が経験談をご紹介

会社の給与が上がる

会社によっては、会社で定められたTOEICスコアを取得すると、給与が上がることがあります。

僕の会社では、TOEICと簿記の2つを取得していれば、1.2倍ぐらいの給与になります。

英語学習の目標にできる

TOEICなどの資格試験を受験するメリットは、英語学習の目標にすることができることです。

例えば、TOEIC650点を取得することを目標にして、現在の自分の点数から何点伸ばす必要があるか明確にすることができます。

TOEICのデメリット

受験費用がかかる

目標のTOEICスコアが取得できず、なんどもTOEICを受験する必要がある場合は、受験費用がかさみます。

一般でTOEICを受験する場合は、一回5,725円 (税込) かかります。

英会話ができるようにはならない

TOEIC L&Rテストでは、スピーキングに関してのテストが行われません。つまり、TOEIC L&Rで900点を取得している人でも、英会話になると全く話せない方もいます。

英会話の勉強は、また別途しなくて上達しないことを覚えておきましょう。

まとめ

TOEICはデメリットよりも、メリットの方が大きいことが分かってもらえたと思います。

TOEICについてもっと知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

TOEICの勉強を始めようと思う方は、下記の記事が参考になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最大6,000円のキャッシュバック中
スタディサプリENGLISH | TOEIC満点講師の神授業
7日間の無料体験はコチラ
最大6,000円のキャッシュバック中
スタディサプリENGLISH | TOEIC満点講師の神授業
7日間の無料体験はコチラ