MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

英語のシャドーイングに効果はない?シャドーイング歴10年以上の僕が感じた効果をご紹介!

2020 12/08
英語のシャドーイングに効果はない?シャドーイング歴10年以上の僕が感じた効果をご紹介!

シャドーイングの練習を始める前に、しっかりシャドーイングの効果を知ってから始めましょう。

「なんとなくシャドーイングって英語の勉強になるらしい!」と学習の目的意識のないまま始めると、期待してた効果が出なかったという結果になりかねません。

今回は大学時代に英語教育法を専門に学び、英語教師の資格をもつ僕がシャドーイングの効果について説明していきます。

シャドーイングの効果を理解して、自分に必要な英語学習方法かどうかを判断できるようになりましょう。

\ 7日間の無料体験 /

目次

もりぞーが感じたシャドーイングの効果

シャドーイングには英語のリスニングだけでなく、スピーキング上達の効果があります。

どのような効果を期待して勉強しけばよいかを確認していきましょう。

英語のリスニング力の向上

シャドーイングの勉強を始める人で一番多い理由が、リスニング力の向上でしょう。

シャドーイングは英語を聞き流す受動的な学習方法ではなく、能動的に英語の音を聞いてそれを真似る学習方法です。

そのため、通常よりも集中してリスニング練習を行うことができます。

また、プロソディシャドーイングとコンテンツシャドーイングと目的を分けて練習をすることで、英語の音の再現を意識的にできるようにもなります。

英語の発音の向上

英語の音を意識してシャドーイング(プロソディシャドーイング)することで、英語の発音にも役立ちます。

英語の発音をさらに上達させていくには、自分が話している英語の音を録音してみましょう。

録音した音を実際に聞くことで、話している相手に自分の英語はどのように聞こえているかを確認できます。

英語のスピーキング力の向上

シャドーイングの練習をすると、英語のスピーキング力がついてきます。

特に、英語が口から出てきやすくなるのが一番の効果だと思います。

英語のスピーキング力が上昇する理由は、日常的に話す日本語のように英語での発声する機会が増えるからです。

英語のイントネーションの向上

シャドーイングの練習を行なっていくと、英語のイントネーションが身についていきます。

シャドーイングの練習時間の目安は?

シャドーイングの練習時間についても質問が多いので回答していきますね。

シャドーイングの練習時間は、毎日最低10分は取れるようにしましょう。

理想で言えば1時間ほどの学習時間を確保したいですが、仕事をしていたりすると、毎日まとまった学習時間を確保するのも難しいですよね?

最初に無理な目標を立てるよりは、継続できる練習時間を設定する方が最終的に効果があります。

シャドーイングの効果が分かる期間は?

よく聞かれる質問で「シャドーイング効果ってどのぐらいの期間で分かりますか?」というものです。

正直、絶対的に決まった期間は人によって違うので言うのが難しいのですが、目安は3ヶ月ぐらいと考えていたらどうでしょう?と答えてます。

3ヶ月の理由としては、シャドーイングの練習に慣れてくると、口の筋肉が英語を話すために鍛えられ、英語の音も聞けなかったチャンクなどが聞けるようになってくるからです。

初心者にはシャドーイングの効果なしって本当?

初心者の方にはあまりシャドーイングをオススメしてません。なぜなら最初は効果が薄いと思ってるからです。

初心者の方にとってシャドーイングの効果が薄い理由は、基礎的な英単語力や英文法が身についてない状態では、「英語の音」を真似る練習しかできないからです。

英語初心者の方がシャドーイングの練習をやっているのをTwitterなどで見るんですが、まずは英単語力と文法力を付けるのがおすすめです。

シャドーイングの効果は論文でも証明されている

シャドーイングの効果は論文でも証明されています。

シャドーイングが最終的にリスニング効果をもたらすとすれば、これは作動記憶機能、つまりワーキングメモリの機能をより効果的に使う技術を作り上げている

リスニング力向上におけるシャドーイングの効果について

この玉井先生のシャドーイングの実験によれば、シャドーイングをすることによって、

・リスニング能力
・語彙力
・復唱力

の3つの点が鍛えられる結果となったそうです。

シャドーイングの効果的なやり方は?

シャドーイングは闇雲に聞こえた音声を真似るだけでは上達しません。

正しいシャドーイングのやり方を行えば効果は出てくるので、ぜひ下記のやり方を参考にしてやっていきましょう!

STEP
リスニング

まずは普通に英語の音声を聞くリスニング練習をします。

STEP
マンブリング

リスニングを2〜3回した後は、「マンブリング」と呼ばれる「聞こえた英語の音をつぶやく」練習をします。

STEP
コンテンツシャドーイング

マンブリングの練習も2~3回終えると、次は「コンテンツシャドーイング」と呼ばれる「英文の内容」を意識しながらシャドーイング(聞こえてきた音声をそのまま発声する)します。

STEP
プロソディシャドーイング

コンテンツシャドーイングが終われば、最後は「プロソディーシャドーイング」と呼ばれる「英語の発音やアクセント、イントネーション」を意識したシャドーイングを行います。

シャドーイングの効果まとめ

シャドーイングには、リスニングやスピーキングどちらも効果があることが分かりました。

これからシャドーイング学習をやっていきたいと考えている人は、下記で紹介しているシャドーイングに使えるアプリを利用して、どんどん練習していって欲しいと思います。

関連記事:英会話力アップにおすすめのシャドーイングアプリ
関連記事:[レベル別]シャドーイングおすすめ教材(本・参考書)

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる