MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

[辛口レビュー] Hi Native Treckを実際に2ヶ月体験した感想 (口コミ、評判についても紹介するよ!)

2021 2/09
[辛口レビュー] Hi Native Treckを実際に2ヶ月体験した感想 (口コミ、評判についても紹介するよ!)

こんにちわ!英語とキャリア情報を発信しているもりぞー(@englishinform)です。

もりぞーのアイコン画像もりぞー

この記事では英語の発音とライティングをネイティブスピーカーにチェックしてもらえる、Hi Native Treckを2ヶ月使ってみた感想を辛口にレビューします!

結論を言うと、「英作文の能力を上達させて、自分が伝えたいことに困らないようになりたい人」に超おすすめのサービスでした!

ただ、英語初心者の人には結構レベルが高い内容だったので、英語のレベルは中級(TOEIC600点)以上で、より高みを目指す人に一番使って欲しいサービスです。

\ ネイティブに添削を依頼する /

 

プロフィール写真もりぞー
神戸市外国語大学の英語学科卒業。英検1級、TOEIC970点、TOEFL iBT107点取得。
Twitterアカウントはフォロワー数15,000人で「英語とキャリア論」について発信。
もりぞーのTwitterアカウント
英語学習方法や英語を使ったキャリア構築についての無料相談はLINE宛に。
もりぞーのLINEアカウント

目次

Hi Native Treckを僕がおすすめしたい人

もりぞーのアイコン画像もりぞー

僕がHi Native Treckを2ヶ月使ってみて、正直こんな人にすすめたいと思いました!

英語のレベルが中(TOEIC600点ぐらい)以上の方
ネイティブから英語の添削のフィードバックをすぐに欲しい
・英作文が苦手で独学では限界を感じている・・・

Hi Native Treckを使い始めて失敗している人は、英語のレベルが初心者の人が多いです。

しかし、中級以上になってくると「英語でもっと表現をしたい!」「英作文の力をもっと付けたい」と思っている人には、本当におすすめできるサービスやと思います。

\ ネイティブに添削を依頼する /

Hi Native Treckの最新キャンペーン

2021年2月15日まで

キャンペーン名2021年新年キャンペーン
内容受講料が40%OFF

月額プラン:
通常 19,600円/月→11,760円/月

年額プラン:
通常 16,333円/月→9,800円/月
期間2021年2月15日まで
もりぞーのアイコン画像もりぞー

Hi Native Treckは不定期でキャンペーンをやっているので
ぜひキャンペーン時期にお得に申し込むのがおすすめ!

\ ネイティブに添削を依頼する /

Hi Native Treckの概要

HiNative Trek

Hi Native Treckについては下記の内容を参考にしてください。

アプリ名Hi Native Treck(ハイ ネイティブ トレック)
公式サイト【 HiNative Trek 】
運営会社株式会社Lang-8
本社所在地東京都渋谷区恵比寿西一丁目33番6号 JP noie 恵比寿西215
設立創業2007年

Hi Native Treckのコースと料金

Hi Native Treckの料金はどのコースを選択しても下記の料金が基本料金となります。

月額プラン19,600円/月
年額プラン196,000円/年 (一月あたり16,333円)

ビジネス英語コース

Hi Native Treck ビジネス英語コース

ビジネス英語コースは僕が受講したコースです。

実際にビジネス現場で使われる英文をもとに問題が作られており、同時通訳者の関谷 英里子さんが監修されたクオリティ高いものとなっています。

ITコース

ITコースはその名の通り、英語の力をつけてIT・Web業界でキャリアアップしていきたい方におすすめのコース。

教材はアメリカの西海岸のテック企業で働くネイティブが監修した物で、実際に海外のIT企業で働くときに実務で利用する表現などを学ぶことができます。

\ ネイティブに添削を依頼する /

Hi Native Treckの口コミや評判ってどうなの?

もりぞーのアイコン画像もりぞー

Hi Native Treckについて他の方がどのように思っているかをまとめてみました!あの有名な「けんすう」さんもユーザーだったことには驚き笑

Hi Native Treckについての口コミや評判をまとめてみました。

\ ネイティブに添削を依頼する /

Hi Native Treckの使い方

Hi Native Treckの使い方を知りたい!という方は、下記に簡単に流れを説明したので、ぜひ参考にしてくださいね!

1 平日毎日課題が届く
2 英作文と発音を投稿
3 すぐに模範解答が音声つきで確認可能
4 13時までに投稿された課題はその日のうちに英語ネイティブの先生が音声つきで添削
5 質問があれば3往復まで追加で質問可能
6 データとして残るので復習しやすい。

Hi Navtive Treckを実際使ってみた感想

もりぞーのアイコン画像もりぞー

回約2ヶ月間Hi Native Treckを利用してみた感想をシェア致します!
下記に具体的な体験内容があるのでぜひお読みください。

課題については、下記のような構成となっています。

まずはテキストを読んで、語彙やヒントを参考にしながら課題を解いていく流れとなります!

テキスト

テキスト部分は課題に使用される重要なポイントを含んだパッセージです。

もりぞーのアイコン画像もりぞー

このテキストを音読を10回ぐらい練習して課題に取り組んでいくのが、
僕のおすすめの勉強方法

語彙

月ごとに覚えるべき語彙がGoogle Documentで共有されています。

想像以上のボリュームがある資料なので、この資料を読み込むだけでもかなり勉強になります!

もりぞーのアイコン画像もりぞー

初めて資料を見たときは正直その量に驚きました!笑

ヒント

課題のヒントが書かれています。

こちらに記載されているヒントは重要な文法のポイントが説明させれているので、ぜひ課題を解く際の参考にしてください。

課題

毎日課題が届くので、その課題を提出して行きます。

課題の内容は基本的に、英文法のトピックが出題されるので、それを用いて英文を作成するというもの。

ネイティブ講師に質問できる

課題を提出した後には、上記のような質問ボックスが表示されます。

最大3回までネイティブ講師に質問が可能なので、英文法や英語の表現で疑問に思ったことはどんどん質問するのがおすすめ。

STEP
講師からの自己紹介

初めて課題の提出をした時には、担当講師から上記のように自己紹介があります。

その時に英語学習の目的などを伝えると、今後のレッスンのアドバイスに役立ててくれますよ!

STEP
課題のライティングとスピーキングに取り組む
もりぞーのアイコン画像もりぞー

課題の指示にしたがって、まずはライティングを行いました!
ライティングした文章の音声を録音して提出します。

STEP
課題のポイント(文法など)についての解説がある

課題のフィードバックの前に、まずは「課題のポイント」の解説があります。今回は前置詞の”with”の使い方について講師が説明してくれました。

自分が提出した回答が正しかったどうかもここで教えてくれます!

もりぞーのアイコン画像もりぞー

解説は全て英語になるので、この解説を理解できるレベルがHi Native Treckを有効活用するには必須ですね!

STEP
講師が正しい英文と発音を教えてくれる

文法解説の後には、講師が正しい英文と発音を音声付きで教えてくれます。

上記の再生ボタンを押せば、講師が発音した音声を聞くことができます。

もりぞーのアイコン画像もりぞー

講師の発音と自分の発音のどこに違いがあるかを聞きながら、練習するのがおすすめの練習方法だよ!

STEP
最後は発音に関するアドバイス

最後に提出した自分の英語の音声に対してフィードバックを頂けます。

今回は、”Camera”と”Can”という発音に対して僕はアドバイスを頂きました。指摘された発音に関しては、音声付きで教えてくれます。

\ ネイティブに添削を依頼する /

Hi Native Treckの使い方は下記の動画からも見ることができるので、ぜひ参考にしてください!

Hi Native Treckのよかった点

もりぞーのアイコン画像もりぞー

Hi Native Treckを実際に利用してよかった点を紹介していきますね!

よかった点はこの3つ

1. ネイティブによる添削
2. 学習を継続する仕組み
3. 場所を選ばず学習できる

ネイティブによる添削

Hi Native Treckの最大の特長は、ネイティブによる英文添削と発音添削がスマホで手軽に出来ること。

英会話スクールに行かないとできなかったことが、スマホで出来るのはすごかった!。

学習を継続する仕組み

毎日課題が与えられるので、強制的に英語を勉強する仕組みがあります。

英語の上達はいかに学習を継続するかなので、今まで英語学習が続かなかった方におすすめ。

場所を選ばず学習できる

スマホがあればどこでも利用できるので、場所を選ばずに英語学習ができます。

忙しくて英会話スクールに通学できないサラリーマンには嬉しいですね

\ ネイティブに添削を依頼する /

Hi Native Treckの気になる点

もりぞーのアイコン画像もりぞー

Hi Native Treckを実際に利用して気になった点を紹介していきます

価格は安くない

毎月19,600円を支払う必要があるので、アプリと考えると高いですね・・・

でもHi Native Treckは英会話スクールの代替と考えれば、わざわざ英会話スクールに通う時間も節約でき、価格も安くなります。

初心者向けではない

Hi Native Treckは英語初心者の方にはかなり難しいです。なぜなら、英文添削や発音のフィードバックは全て英語だから。

英語で自分の意見を言えるようになってきた!という中級者以上の方のレベルアップによいアプリです。

Hi Native Treckでよくある質問

Hi Native Treckに関して友人や知人からよく質問されたことは下記の内容です。

Hi Native Treckを検討している方は、ぜひ他の人の質問を参考にしてみてください!

どのぐらいの英語力が必要?

Hi Native Treckは英語初心者の人には難しいアプリで、少なくとも英語中級者(TOEIC600点以上)の人が対象となるサービスです。

なぜ中級者以上の英語力が必要かというと、英語のライティングや発音添削のフィードバックが全て英語なので、それを理解できる英語力が必要になるからです。

Hi Native Treckの課題は毎日提出する必要がある?

Hi Native Treckは毎日課題が送られてくるんですが、仕事や学校が忙しい時は毎日課題をこなすことが出来ないですよね・・・

もりぞーのアイコン画像もりぞー

課題は1週間にまとめて提出しても問題ないので、忙しい時は休むことも大切ですよ!

まとめ

もりぞーのアイコン画像もりぞー

この記事ではHi Native Treckを実際に2ヶ月体験した感想について紹介しました。

繰り返しとなりますが、Hi Native Treckは英語初心者の方には内容が難しいアプリなんですが、中級者以上で英語のライティングと発音を鍛えたい人には、ぜひ一度試してみて欲しいアプリでした!

\ ネイティブに添削を依頼する /

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる