TOEICは転職に役立つのか?実際に転職した僕が経験談をご紹介

転職するにあたって、転職希望の業種や職種によっては、TOEICスコアが転職に役立つ場合があります。

しかし、どのぐらいのスコアがあったらTOEICに有利になるのかって明確な基準は正直ないんですよね。

ただ、僕はTOEIC高得点取得者として転職経験があることから、僕の経験のご紹介させていただき、目安のTOEICスコアを決めて頂ければと思います。

社会人におすすめなTOEICの勉強方法は、僕も毎日通勤時間にやっているスタディサプリENGLISH TOEIC®対策を利用したスマホアプリでの勉強です。

転職に有利なTOEICスコアは?

800点は転職に有利になる

TOEICスコアが800点あると転職には有利になるのは間違いないです。特に海外との取引がある会社に転職する場合は、800点以上を求める会社が多いですね。

なぜ800点が有利になるかというと、多くの会社で650点〜730点が海外駐在の要件スコアとして設定されているので、800点あるとその要件を大きく超えていることを証明できます。

TOEIC受験者の平均スコアが500点後半であることから、800点はかなり高スコアなことがわかりますね。

900点は絶対履歴書で注目される

僕は転職時にTOEICスコアが970点あったので、面接時ではだいたい履歴書のTOEICスコアについて質問されました。

転職時には英語を使用しない職種の面接も受けたのですが、その時も「こんなTOEICのスコア高いんですね!!」と聞かれたものです。

海外の取引先との連絡を業務で求められる場合は、TOEIC900点のスコアをもとに、どのような業務を前職でしたかを伝えることが大切です。

外資系転職で求められるTOEICスコアは何点なのか?

上場企業が求めるTOEICスコアは?

企業名 求められるTOEICスコア
楽天株式会社 800点

 

そんなスコアは取れない・・・と思う方へ

TOEIC800点、900点と聞いたら「そんな高いスコアは私には無理・・・」と思う方が多いのは分かっています。

でも転職で有利にするためには、800点や900点を狙うべきです。

しかし、TOEICスコアがまだ500点ぐらいの方には800点以上狙うのは大変です。

目安は700点を目指そう

転職の際の履歴書に書くには、まずはTOEIC700点を目指すのがオススメです。700点は現実的に勉強すれば到達することができるレベルです。

お金を少し払ってもスコアをあげたい方には、[短期集中] TOEICスコアを劇的にあげる英会話スクールまとめで紹介している英会話スクールで集中的に勉強するのがいいでしょう。

独学でTOEICスコアをあげたい方は、スタディサプリENGLISH TOEIC®対策などで勉強するのがオススメです。

まとめ

TOEICスコアは800点以上あれば本当に就職には有利になるので、ぜひ転職を考えてる方は、勉強してスコアアップをしていきましょう。

転職ではなく新卒で就職する方には、TOEICは就職に本当に有利になるのか?という記事もオススメです。

TOEICを今後学習していく方には、下記の記事も参考になると思うので、ぜひ見てみてください。

TOEICリーディング対策と勉強方法については下記の記事を参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です