TOEICの平均点 | 自分のスコアはもしかして平均以下?

TOEICの平均点ってどのぐらいなんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

もしかしたら、今のスコアは平均スコアよりも低い可能性もあり、今以上にしっかりとTOEICの勉強をする必要があるかもしれません。

今回はTOEICテストを運営している会社のデータを用いて、TOEICの平均点について紹介していきます。

リスニングセクション、リーディングセクションと各セクション毎の平均点を知って、自分のスコアを比較してみましょう。比較することで、自分の得意や不得意が見えてくるでしょう。

今まで何十冊もTOEICの参考書を買ってきましたが、社会人になって今もTOEICの勉強をするモチベーションが続いてるのが、スタディサプリENGLISH TOEIC®対策です。通勤中の電車でも、2分間あれば勉強できるので、毎日勉強できてます。

TOEICの直近の平均点は何点なのか?

第236回(2018年12月)のデータが現在は最新なので、そのデータを用いてTOEICの直近の平均点とさせて頂きます。

リスニングセクションの平均点

321.2点

TOEICのリスニングセクションでは、パート1パート2は英語が苦手な人でも比較的点数が高く取ることができます。

しかし、TOEICパート3はリスニング力とTOEICテストの慣れが必要になってくるので、なんども練習をしておくことが必要になってきます。

リーディングセクションの平均点

261.7点

リーディングセクションの平均点が、リスニングセクションよりも低いのは、パート7まで時間が足りなくて到達できない人が多いのが原因でしょう。

日本人はリーディングの方が点数が取れると言われていますが、TOEICではリーディングに苦戦している方がたくさんいます。

TOEICの時間配分を変えるだけで、スコアが劇的に変わる!? で紹介している方法で問題を解くようにすると、リーディングの点数がアップすると思うので、一度試してみてください。

平均点の合計

582.8点

TOEICの平均点は582点でした。このスコアを見て「えっ、こんな高いの!?」と思った方は、TOEICの勉強の仕方を見直した方がいいかもしれません。

TOEIC公式問題集の使い方に書いてある内容でしっかり勉強しておけば、TOEIC600点以上は取得することは簡単です。

新入社員のTOEIC平均点は?(2018年)

新入社員のTOEIC平均点のデータも公開されています。データによると、各セクションの2018年の平均点は下記のようになってます。

TOEICのスコアは会社でも求められているので、就職や転職時に求められるスコアも確認しておきましょう。

TOEICは就職に本当に有利になるのか? 

TOEICは転職に役立つのか?

リスニングセクションの平均点

266点

リーディングセクションの平均点

223点

平均点の合計

489点

まとめ

TOEICの平均点以上のスコアを取るためには、勉強を戦略的に行っていく必要があります。

下記の記事でTOEICの勉強に関する方法を紹介してますので、ぜひスコアアップの参考にしてください。

TOEICのリスニング対策と勉強方法でまとめてますので、ぜひ参考にしてみてください。

TOEICリーディング対策と勉強方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です