スポンサードリンク




TOEIC Part (パート)3の対策と勉強方法まとめ

テクニックを覚えてモノにすると、リスニングスコアは高得点で安定していくので、自分のリスニング力の成長が一番時間できるパートであると思います。

ここでは、TOEICの全体的な学習方法に触れていきながら、パート3の対策方法について解説していきたいと思います。

今まで何十冊もTOEICの参考書を買ってきましたが、社会人になって今もTOEICの勉強をするモチベーションが続いてるのが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策です。通勤中の電車でも、2分間あれば勉強できるので、毎日勉強できてます。

公式サイト:スタディサプリENGLISH TOEIC対策今なら7日間無料で試せる)

TOEIC Part3の概要

TOEIC Part3の概要について紹介していきます。TOEIC初心者の方は、まずは概要を理解することがスコアアップの1番の近道ですよ。

問題内容

TOEICパート3は話者2人による会話問題です。

2人が話した内容について、設問を読んで問いに答えというものですが、話し手の話すスピードが速い、聞き取れない、理解できないといった人(スコア500~600で伸び悩んでいる)がこのパート3及び話者一人が話すパート4では多いです。

問題数

TOEIC Part3の問題数は全部で39問あります。長文の会話が13こ出題され、それぞれ3問ずつ問題があります。

時間

TOEIC Part3は約17分で終了します。

TOEICパート3の対策方法

TOEIC Part3の対策方法について紹介していきます。

設問及び選択肢の先読み

試しに設問と選択肢に全く目を通さずにリスニングにのみ集中して問題を解いてみてください。

会話スピードの速さ、飛び交う情報量の多さに加えて、その情報をリテンション(記憶の保持)する必要があり、難易度が格段にアップすることだと思います。

(リスニングで8~9割の得点が可能な方はこの設問と選択肢を読まずに問題に取り組むというやり方は、この方法でリスニング力に磨きをかけるのも逆にアリかと思います。実際の会話では、設問も選択肢も何も無いわけですからね。)

あらかじめ”こんなことについて質問するよ”という作成者側からの優しい提案があるわけですから、これらを読まないという手はないと思います。

また設問と選択肢の読み方ですが、もちろんその英文を見てすぐに理解できるに越したことはありません。

ただ、問題文の放送が終わった時点で設問の解答を終えていたとしても、次の問題が始まるまでのインターバルはとても短いので、例えば~といった設問なら、(疑問詞)(動詞)の2つのキーワードに注目し、~といった選択肢であったら(名詞)だけに注目します。

問題文のリスニングを聞きながら、設問と選択肢を読むというのは脳への負荷が大きく結構大変ですが、次の問題のキーワードについてぼんやりとしたイメージだけでも、圧倒的に問題に取り組みやすくなるはずです。

話し手の最初の発言に注目して、シチュエーションを思い描く

話し手の最初の発言で、話者である2人が置かれている状況をある程度予測することが可能です。そのくらい最初の発言には会話の状況を明確に表すキーワードが含まれています。

このキーワードを引き金として、シチュエーションを思い描くことができると、会話中で流れる会話文や英単語が違和感なく脳内で処理されて、かなりリスニングの理解を助けてくれます。(なんならこのシチュエーションなら間違いなくこの選択肢が正解でしょ?と、推測で解答できてしまう…こともありますが、ここはしっかりと、これが正解かな?と予測した解答とリスニングの内容を照らし合わせて確実に点を狙いに行きましょう。)

最初の発言でキーワードを見つけ出せないと、状況を把握できずに混乱し、解答を間違えた上に、次の問題の設問と選択肢を読む時間が無い…という悪循環に陥ってしまうので、特に耳を澄ませて聞き取りましょう。

1問当たりにかける時間をしっかりと管理する

設問1つに対して、この答えはなんだろうなぁーと考えているとあっという間に時間が過ぎて、次の問題の設問と選択肢を読む時間の無いまま次の問題に突入してしまいます。

設問と問題に関しては、1問目は前半、2問目は中間、3問目は最後とある程度一致しているので、設問に対する答えが分かった段階でマークしてしまうのが賢明です。

理想は問題の後に流れる設問のアナウンスが流れる時点で全てマークし終えている状態が理想です。設問がアナウンスされている間に次の問題の設問と選択肢を読んで、頭を切り替えましょう。

このリズムを崩さずに問題を解き進めていくスタイルが一番脳にストレスを与えることなく集中できる方法かと思います。”さっきマークした問題やっぱり違うんじゃないかな…”と考えたくなる気持ちをぐっとこらえて次の問題へと進みましょう。間違えているかも”しれない”問題に気を悩ますより、次の問題の準備をする方がよっぽど得点アップに繋がります。

TOEIC Part3の勉強方法とは?

TOEIC Part3の勉強方法をご紹介します。

基礎的なリスニング力を身につける

TOEIC Part3でスコアをしっかり取得するためには、基礎的な英語のリスニング力が必須です。

TOEIC Part3の学習ができる参考書やアプリを下記で紹介するのでぜひ参考にしてください。

TOEIC Part3の参考書と問題集

TOEIC Part3に役立つ参考書と問題集を紹介していきます。

TOEIC L&R TEST初心者特急パート3

TOEIC L&R TEST初心者特急パート3は、TOEICのパート3だけを集中的に学べる問題集です。

パート3で頻出される表現も載っているので、それを覚えるだけでも、パート3についての理解を深めることができます。

まとめ

TOEICパート3の攻略方法は、解き方を理解するのと基礎的な英語のリスニング能力を高めるという2つのことが必要になってきます。

英語のリスニング能力を高めるには、TOEICリスニングアプリTOEICのディクテーション教材とアプリまとめでディクテーションの練習をするのがオススメです。

また、TOEICによく出る単語を覚えおくのもリスニングには役立ちますので、TOEICおすすめ単語帳で単語力も上げていきましょう。

TOEIC

Posted by もりぞー