MENU
[徹底比較]オンライン英会話ランキング

ジャストアイディアとは正しい英語??英検1級取得の僕が教える正しい使い方

2019 3/16
ジャストアイディアとは正しい英語??英検1級取得の僕が教える正しい使い方

英検1級を取得しているもりぞーです。たまに聞かれるのですが、日本語英語って海外で本当に使われているのかどうかということです。

今回はよく聞く「ジャストアイディア」という言葉について考えたいと思います。

目次

「ジャストアイディア」って正しい英語?

日本では、ビジネスシーンでよくこのような言葉を聞きます。

「ジュストアイデアなんですけど、これどうですか?」

皆さんもよく聞いたことがあるフレーズではないでしょうか?でも、これって実は英語としては正しくないので、英語では全く聞いたことがない表現なんです。

ジャストアイディアの意味は?

ジャストアイディアというのは、「思いつき」なんだけどという意味でよく日本で使われます。

ジャストアイディアの英語の正しい使い方

ジャストアイディアを英語で正しく言うと、

“It is just an idea.”

このようにほぼ変わらないような表現ですが、”an”が必要になってきます。

しかし、It is just an ideaはあまり使用しないのが現実です。

それよりも、I just come up with an ideaという表現の方が使用割合が高いです。

 

この記事を書いた人

Twitterフォロワー数13,000人。英語とキャリア情報について発信しています。経歴は、京都の片田舎出身→オーストラリア留学→商社勤務→外資勤務→日系ベンチャー。実は元々英語が大の苦手、克服するも大学で帰国子女と出会い実力差に驚愕。毎日8時間図書館で勉強し、英検1級やTOEIC970点を取得。TwitterやLineで英語やキャリアに関する質問受付中。

コメント

コメントする

目次
閉じる